INFORMATIONお知らせ

トピックス

11.3オンラインDemoDayをYouTubeライブ配信中です!

  • トピックス
  • 2020.11.03

ただ今、オンラインDemoDayの様子をYouTubeでライブ配信中です!

https://youtu.be/SXKWc6BpEjE

11/3オンラインDemoDay出場者情報を掲載しました!

  • トピックス
  • 2020.10.27

11月3日(火・祝)に開催するDemoDayの出場者が決定しました。
全119件の応募の中から、書類審査を通過した17組が出場します。

【U15】9組、【U18】2組、【U29】6組

今年のDemoDayは、全編オンライン開催となります。
出場者と審査会場をzoomでつなぎ、その模様はYouTubeライブ配信します。
YouTubeライブ配信のURLはこちら↓
https://youtu.be/SXKWc6BpEjE

未来のクリエイターの皆さんが開発した、バラエティ豊かなアプリのプレゼンテーションをお楽しみください!

出場者、出場作品、表彰等の詳細はDemoDayのページをご覧ください。

本日【10月15日(木)】、エントリー締切です!

  • トピックス
  • 2020.10.15

本日(10月15日)が、エントリー締切となります。
エントリーご検討でまだの方はお急ぎください!
エントリー方法などの詳細は、応募要項ページをご参照ください。

今年のテーマは、
「今こそ!人にチカラを与えるアプリ」
書類選考通過者には、11月3日(火・祝)のDemoDayで、自作のアプリをプレゼンしていただきます!

今年は、例年の「起業家甲子園・万博」に加え、新たに「全国小中学生プログラミング大会」とも連携を始めました!
U18・U29の優秀者は「起業家甲子園・万博」に、
U15の優秀者は「全国小中学生プログラミング大会」に、
それぞれ出場できる可能性があります(ただし、該当者なしの場合もあり)。
ご自身の力を試す機会として、本コンテストをぜひご活用ください!

【各連携コンテストの詳細】

 

なお、今年のDemoDay会場は、例年と同じく
信州大学国際科学イノベーションセンター(長野市、信州大学工学部内)ですが、
新型コロナウイルス感染症対策の観点から、
今年度はエントリー時に「会場参加/リモート参加」を選択できるようになっています。

エントリー時の「会場/リモート」の希望は、選考には全く影響しません。
リモートを選んだら書類選考で不利になる等はありませんので、ご安心ください(当然、逆も然りです)。
「遠方から参加」「コロナが気になる」等、各自の状況に応じ、ご希望を選択してください。

 

ご不明点は事務局まで。
多数のご応募をお待ちしております!

[参考資料]募集チラシ(下記の画像をクリックでPDFをご覧いただけます)

12.7(土)DemoDay出場者を掲載しました!

  • ニュースリリーストピックス
  • 2019.11.22

12月7日(土)に開催するDemoDayの出場者が決定しました。
全74件の応募の中から、書類審査を通過した21組が出場します。

【U18】Idea Division:9組、Data Division:3組
【U29】Idea Division:7組、Data Division:2組

DemoDayは無料でご観覧いただけます。
未来のICTクリエイターの皆さんが開発した、バラエティ豊かなアプリのプレゼンテーションをお楽しみください!

出場者、出場作品、当日観覧等の詳細はDemoDayのページをご覧ください。

2019年度のエントリーを締め切りました!

  • トピックス
  • 2019.11.06

信州未来アプリコンテスト0(ZERO)の2019年度の応募を締め切りました。
たくさんのご応募ありがとうございました。
ご応募いただいた方へは、本日までに順次、申込完了メールをお送りします。

書類審査結果及びDemoDay出場者は、合否に関わらず11月中旬頃に参加者へお知らせします。
また、本ホームページでも発表しますので、お楽しみに!
DemoDayについての詳細は、こちらをご参照ください。

引き続き、信州未来アプリコンテスト0(ZERO)をよろしくお願いいたします。

エントリー締切は本日【11月5日まで】です!

  • トピックス
  • 2019.11.05

信州未来アプリコンテスト0(ZERO)2019年度の応募は本日が締切です。
応募予定の方はお急ぎください!

 

今年は下記2テーマから、お好きなものを選択できます。

  1. Idea Division(アイデア部門)
    自由なテーマで、オリジナルのアプリを開発してください。
  2. Data Division(データ部門)
    データから課題を読み取り、解決につながるようなアプリを開発してください。活用するデータは、適切に閲覧・利用できる範囲のものであれば、なんでもかまいません。

1人や1チームが、2部門両方にエントリーすることも可能です!

書類選考通過者には、12月7日(土)信州大学国際科学イノベーションセンター(長野市、信州大学工学部内)で開催するDemoDay(プレゼン大会)で、自作のアプリをプレゼンしていただきます!

詳細は応募要項ページをご参照ください。ご不明点は事務局まで。
多数のご応募をお待ちしております!

CONTACT応募先・お問い合わせ

信州未来アプリコンテスト0〈ZERO〉事務局(長野県企画振興部 先端技術活用推進課内)