INFORMATIONお知らせ

お知らせ

12.7(土)DemoDay出場者を掲載しました!

  • ニュースリリーストピックス
  • 2019.11.22

12月7日(土)に開催するDemoDayの出場者が決定しました。
全74件の応募の中から、書類審査を通過した21組が出場します。

【U18】Idea Division:9組、Data Division:3組
【U29】Idea Division:7組、Data Division:2組

DemoDayは無料でご観覧いただけます。
未来のICTクリエイターの皆さんが開発した、バラエティ豊かなアプリのプレゼンテーションをお楽しみください!

出場者、出場作品、当日観覧等の詳細はDemoDayのページをご覧ください。

2019年度のエントリーを締め切りました!

  • トピックス
  • 2019.11.06

信州未来アプリコンテスト0(ZERO)の2019年度の応募を締め切りました。
たくさんのご応募ありがとうございました。
ご応募いただいた方へは、本日までに順次、申込完了メールをお送りします。

書類審査結果及びDemoDay出場者は、合否に関わらず11月中旬頃に参加者へお知らせします。
また、本ホームページでも発表しますので、お楽しみに!
DemoDayについての詳細は、こちらをご参照ください。

引き続き、信州未来アプリコンテスト0(ZERO)をよろしくお願いいたします。

エントリー締切は本日【11月5日まで】です!

  • トピックス
  • 2019.11.05

信州未来アプリコンテスト0(ZERO)2019年度の応募は本日が締切です。
応募予定の方はお急ぎください!

 

今年は下記2テーマから、お好きなものを選択できます。

  1. Idea Division(アイデア部門)
    自由なテーマで、オリジナルのアプリを開発してください。
  2. Data Division(データ部門)
    データから課題を読み取り、解決につながるようなアプリを開発してください。活用するデータは、適切に閲覧・利用できる範囲のものであれば、なんでもかまいません。

1人や1チームが、2部門両方にエントリーすることも可能です!

書類選考通過者には、12月7日(土)信州大学国際科学イノベーションセンター(長野市、信州大学工学部内)で開催するDemoDay(プレゼン大会)で、自作のアプリをプレゼンしていただきます!

詳細は応募要項ページをご参照ください。ご不明点は事務局まで。
多数のご応募をお待ちしております!

エントリー締切間近!【11月5日まで】

  • 2019.10.20

信州未来アプリコンテスト0(ZERO)2019年度の応募受付中です!
今年は下記2テーマから、お好きなものを選択できます。

  1. Idea Division(アイデア部門)
    自由なテーマで、オリジナルのアプリを開発してください。
  2. Data Division(データ部門)
    データから課題を読み取り、解決につながるようなアプリを開発してください。活用するデータは、適切に閲覧・利用できる範囲のものであれば、なんでもかまいません。

1人や1チームが、2部門両方にエントリーすることも可能です!

「Data Divisionは興味があるけど、ちょっとハードルが高いな・・・」
という方のため、応募作品開発のヒントとなる「データ利活用ハッカソン」を9~10月頃に実施予定です。こちらの詳細は追って発表しますので、お楽しみに!

応募締切は2019年11月5日(火)。
書類選考通過者には、12月7日(土)信州大学国際科学イノベーションセンター(長野市、信州大学工学部内)で開催するDemoDay(プレゼン大会)で、自作のアプリをプレゼンしていただきます!

詳細は応募要項ページをご参照ください。ご不明点は事務局まで。
多数のご応募をお待ちしております!

[関連情報]長野県プレスリリース
https://www.pref.nagano.lg.jp/sentan/happyou/190719press.html

(募集は終了しました)データ利活用イベント「HackDay」申込受付中

  • ニュースリリーストピックス
  • 2019.10.10

主にData Divisionの応募作品開発のヒントとするため、長野県の観光・交通アプリ「信州ナビ」の利用データから現状の課題を分析し、課題解決のための新たなアプリやアイデアをみんなで考えるスピンオフイベント「HackDay」。
定員20名に対し、残り枠がわずかになってきましたのでお知らせします。
定員に達し次第、先着順で締め切りますので、参加ご検討の方はお急ぎください。

<開催概要>

  • ◎開催日時
    令和元年(2019年)10月19日(土)・20日(日)各日10時~16時
  • ◎開催場所
    信州・学び創造ラボ(長野県長野市若里1-1-4、県立長野図書館内)
    [アクセス]
    ・JR長野駅 東口より徒歩10分
    ・長電バス 「文化会館入口」バス停より徒歩10分
    ・川中島バス 「中御所」バス停より徒歩10分
    ・図書館北側に約80台分の駐車場があります。
    ※会場の詳しい情報はこちらから(県立長野図書館HPへリンク)
  • ◎対象
    29歳以下の方(アプリコンテストの応募資格に合わせて)
    未経験の方、「データ利活用って何?」という方、小・中学生のみなさんも歓迎します!
  • ◎定員
    20名(申込先着順)
  • ◎講師
    【全体進行】
    株式会社アソビズム長野ブランチ 未来工作ゼミリーダー 依田大志 氏
    【データアドバイザー】
    ジョルダン株式会社 執行役員企画営業本部長 東寺浩 氏
  • ◎当日の流れ(予定、変更の可能性もあります)
    【1.説明タイム】
    県アプリ「信州ナビ」の狙いと、それに対するアプリの利用動向データを簡単に解説します
    【2.分析タイム】
    アプリの狙いと利用動向データから、理想と実体のギャップ(課題)を、みんなで洗い出します
    【3.アイデアタイム】
    ギャップを埋めるためのアイデアを、みんなで考えます
    【4.開発タイム】
    時間の許す限りアプリ開発を行い、最後に発表します

<参加申込方法>
下記の情報を事務局あてメール(app-contest@pref.nagano.lg.jp)にてお送りください。

  1. ◎基本情報
    住所、氏名、年齢(学生の方は学校名と学年も)、電話番号、持ち込みPCの有無
  2. ◎プログラミングの経験(下記より選んでください)
    やったことがない/やったことがある/作品を作ったことがある/専攻している又は仕事にしている
  3. ◎(プログラミング経験者のみ)使ったことのある言語

<その他>

  • ●申込は先着順となります。定員に達し次第募集を終了しますので、あらかじめご了承ください。定員に達した際は、本Webサイトでお知らせします。
  • ●ご自身のPCを持ち込める方は、極力お持ち込みいただくことをお奨めします。PCが無い方には当日貸与可能ですが、数や機能に限りがありますので、あらかじめご了承ください。なお、会場ではフリーWi-Fiをご利用いただけます。
  • ●参加費は無料ですが、参加のための交通費や宿泊費、昼食等はありませんので、各自でご手配ください。
  • ●小・中学生の参加希望者は、必ず保護者の許可を取ってから応募してください。
  • ●当日の様子は、長野県ホームページや本WebサイトやFacebookページで紹介させていただくことがあります。
  • ●HackDayに参加しなくても、Data Divisionに作品を応募することは可能です。また、HackDayへの参加有無そのものが、書類審査やDemoDayのプレゼンテーション審査に影響することはありません。

HackDayで開発した作品は、信州未来アプリコンテストへエントリーすることも可能です。
1人・1チームがエントリーできるのは各テーマ1作品ずつなので、Idea Divisionにエントリー予定(またはエントリー済み)の方が、別途HackDayで開発した作品をData DivisionにエントリーするのはOKです。両テーマにエントリーすれば、DemoDay出場への道が広がるかも!

ご不明点はお気軽に事務局までお問い合わせください。
電話番号:026-235-7146(平日9:00~17:00)
メールアドレス:app-contest@pref.nagano.lg.jp

多数のご応募をお待ちしております!

[参考]
長野県プレスリリース
応募作品募集チラシ

FM長野「Best Style!」で紹介されました

  • トピックス
  • 2019.10.04

去る9月27日(金)、FM長野の「Best Style!」で、当コンテストが紹介されました。

当コンテストやHackDayのことはもちろん、AI、IoT等の先端技術がもたらす未来を
「日本昔話」ならぬ「信州近未来話」として紹介しています。

下記のアーカイブからお聞きいただけますので、県外の方が当日お聞き逃しの方はぜひチェックしてみてください!
http://fmnagano2.com/beststyle/archives/1411

CONTACT応募先・お問い合わせ

信州未来アプリコンテスト0〈ZERO〉事務局(長野県企画振興部 先端技術活用推進課内)