INFORMATIONお知らせ

事務局からのお知らせ

昨年度DemoDay出場者の近況(App Inventor日本語化プロジェクト)

  • トピックス
  • 2019.06.18

2018年のコンテスト(U15部門)にアメリカ・L.A.から参加し、長野県教育委員会賞を受賞した宮島健さんが、現在、「App Inventor」の日本語化プロジェクトに参加しています。

App Inventorとは、Scratchのように、ブロックの組み合わせで本格的なスマホアプリが作れるシステムです。
スマホのカメラやセンサー等を活用したアプリを作成でき、かつ一部ストアにも公開できる等、アプリ制作においては有効なツールの1つですが、今まで日本語のサポートがありませんでした。

そこで宮島さんが、
「多くの日本の皆さん、特に小・中学生の皆さんに、簡単にスマホアプリを作っていただけるように。」
と、App Inventorの日本語化プロジェクトをスタートしたとのことです。

当コンテストをきっかけに、アプリ開発に取り組む日本や長野県の仲間の存在を知り、こうして日本語化プロジェクトに結びつけてくれたことは、事務局としても大変うれしく思います。
アプリ制作に興味があるみなさんにとって参考になる情報となりますので、ご興味があればぜひご覧ください。

(宮島健さんも出場した、2018年のDemoDayの様子はこちらから)

お知らせトップに戻る

CONTACT応募先・お問い合わせ

信州未来アプリコンテスト0〈ZERO〉事務局(長野県企画振興部 情報政策課内)